女の人

ふくらはぎは体内の巡りを良くすることで痩せられる

下剤の人気度と危険性

サプリメント

即効性から利用者が多い

便秘薬にはいろんな種類が存在しますが、中でも人気が高いのは即効性がある便秘薬です。市販ではコーラックやスルーラックが有名で、これら下剤だけでなく浣腸タイプや漢方も人気があります。下剤は即効性の高さと共に腸の機能低下を起こすリスクがあるので、オススメなのは浣腸タイプか漢方です。浣腸は肛門から直接的に排便を促す薬品を入れるのでイメージが悪い傾向にありますが、医療では頑固な便秘を持つ場合によく用いられます。漢方は植物由来の原料で作っているので、薬品のような副作用の心配が低いといわれています。下剤は市販薬として販売されているものが多いので入手しやすく人気がありますが、頑固な便秘の医療的対策では浣腸が用いられることも多いです。

常習は腸を傷付け弱くする

数ある便秘薬の中で人気の高い下剤ですが、使用頻度が多いと腸の運動機能が低下して病気になるリスクを高めます。即効性のある下剤は無理に腸を動かして排便をさせるので、腸に大きな負担をかけます。すぐにでも出したいとか毎日出したいという気持ちは分かりますが、出し方も大切です。腸に負担のかかる出し方を続けていたら、腸が悲鳴を上げて自力で排便できなくなるだけでなく腸内がボロボロになります。即効性のある下剤は、たまに使用することをオススメします。便秘は生活習慣を直すことで改善が可能なので、食事や運動を考えて行うと下剤を使用しなくても便意がくるようになるとされます。食事では食物繊維や乳酸菌がオススメで、運動ではウォーキングやヨガなどお腹の筋肉を刺激して腸の動きを活性化させるものがオススメです。生活習慣を改善しながら、何日も出てなくてツラい時に下剤を使用すると腸の負担を軽減できます。また便秘薬には整腸剤という腸内環境を整えるものがあるので、日常的に服用する便秘薬は整腸剤が良いと思います。